MOTシンポジウム2009 「MOT教育のエッセンスを探る」
-文部科学省「専門職大学院等における高度専門職業人養成教育推進プログラム事業-
~2009年11月6日(金)開催~

本シンポジウムは、MOT専門職大学院で学んだ人材に企業が期待する役割、そのための基盤として身につけておくべき知識・スキルとはどのようなものかを考えようという趣旨で開催します。これは文部科学省「専門職大学院等における高度専門職業人養成教育推進プログラム」に採択された事業で、山口大学が中心となって技術経営系専門職大学院を有する全国の10大学で構成する「技術経営系専門職大学院協議会」(MOT協議会)が取り組んでいるMOT教育コア・カリキュラム開発の一環として開催されるものです。

株式会社三菱ケミカルホールディングス取締役社長の小林喜光氏をお招きし、MOT教育を巡る世界の情勢を踏まえたMOT教育のエッセンスについて産官学の立場から議論いたします。

主催技術経営系専門職大学院協議会(MOT協議会)
後援経済産業省
日時2009年11月6日(金) 14:00~17:30
場所品川プリンスホテル メインタワー宴会場26階 日光
(メインタワー2階 宴会専用エレベーターをご利用下さい)
定員150名
入場無料
お申込10月30日(金)までにホームページからお申し込み下さい。
プログラム
13:30~受付
14:00~14:10開会挨拶 上西 研:技術経営系専門職大学院協議会長
14:10~15:00基調講演「MOTへの期待」(仮題)
小林喜光氏:株式会社三菱ケミカルホールディングス取締役社長
15:00~15:20休憩
15:20~15:40「専門職大学院における教育の質保証」
浅野敦行:文部科学省高等教育局専門教育課専門職大学院室長
コア・カリキュラムを始めとした、専門職大学院における教育の質保証に関する状況について説明する。
15:40~16:00「産学連携とMOT」
谷 明人:経済産業省産業技術環境局大学連携推進課課長
我が国の産業競争力強化に向けてのMOT教育への期待について産学連携の視点から述べる。
16:00~16:30「MOT教育コア・カリキュラムの確立を目指して」
久保元伸:MOT教育コア・カリキュラム開発委員会委員長(山口大学大学院技術経営研究科教授)
MOT協議会で議論してきたMOT教育コア・カリキュラム(案)について説明する。
16:30~17:20パネルディスカッション 「MOT教育コア・カリキュラムの確立を目指して」
モデレータ 向山尚志:山口大学大学院技術経営研究科教授
17:20~17:30閉会挨拶

お問い合わせ

山口大学大学院技術経営研究科
〒755-8611 山口県宇部市常盤台2丁目16番1号
TEL 0836-85-9876 FAX 0836-85-9877 E-mail mot (@) yamaguchi-u.ac.jp