山口大学大学院 技術経営研究科

地域経済の自立的発展と、国際的かつ連鎖的イノベーションの創出を推進できる人材を育成。

山口大学大学院技術経営研究科は「地域に根差しながらグローバルな視点で問題解決に取り組む『技術経営』者を養成」することをミッションに掲げています。「技術経営」者とは、社会や企業・組織における様々な問題に対し、技術と経営の二つの視点から取り組み、創造的な成果を生み出していく能力を持つリーダーを示します。科学・技術が高度に発達し、また社会に広く深く浸透している現在、製造業であれ、サービス業であれ、公的機関であれ、技術を効果的に活用して経営を行うことが必要不可欠になっています。本研究科はそうした経営を実践できる人材、つまり「技術経営」者を養成することを目的としています。また、研究科は「技術経営」者を目指す、東アジア・東南アジアの留学生を受け入れ、日本の産業に接しながら、技術経営に関する高度な教育を受ける場も提供しています。これにより、日本人学生にはアジア新興国のダイナミズムを感じさせ、西日本の産業の活性化させるためのヒントを与え、留学生には日本の産業人の知見を直接学ぶ機会を与えています。このような「技術経営」教育を通して、技術と経営の双方に精通し戦略的思考ができる人材を育成しながら、地域経済の自立的発展と、国際的かつ連鎖的なイノベーションの創出を目指しています。

プログラムの特徴
対象者
経営者、CTO予備軍、イノベーションを目指す地域人材
特色
《ミッション・ビジョン・ポリシー》



《カリキュラムの特徴》

本研究科のカリキュラムは基盤科目、展開科目、および応用科目から構成されています。 基盤科目では技術経営の基本的な考え方、また技術経営に関する専門知識を習得する上で基盤となる知識とスキルを習得します。 展開科目では基盤科目で習得した知識とスキルをベースに、戦略立案、施策展開、ビジネスプランニング、課題解決法、グループ マネジメント、知的財産など、各分野の専門的知識を学びます。 応用科目では今日の産業界が直面する様々な分野の先端的かつ実践的な課題に取り組むことによって、思考力とスキルの向上を図ります。

カリキュラムと募集要項
カリキュラムと募集要項については大学院サイトよりご覧ください。